物語の熊の子供を捕まえようとする話などをします

主人公は、ようやく、その熊の子供を、捕まえることが、出来るのかなと、それにしても、ここまでとても果てしなく長い道のりだったし、大変だったけどと思っている時に、その熊の子供と、王子の距離が、とても近い状態の時に、その熊の子供は、木を、盾にするかのように、後ろに、回り込みます。そこで、王子は、ここには、おれの仲間なんて、一人もいない、だから、おれが、なんとかして、この熊の子供を、捕まえるしかないと、心に思い王子としての意地を見せるのだと思うのです。もちろん他にも、王子としての意地を見せる場面など、たくさんあるのですが、その中のひとつが、今回の場面となります。やがて、その熊のようすを、王子が見ていると、その熊は、木を、真ん中にして、その後ろで、右とか、左に、顔を出して、今度は、その熊の子供が、王子のようすを、うかがっているのです。王子は、この熊の子供は、おれに、遊んでくれと言いたいのかな、それより先に、おれの冠を返してくれと、思うのです。即日融資 おすすめ