リーフがもっと普及するために考えなければならないこと

個人的に、日産のリーフはとてもよくできた車だと思っています。

電気自動車の欠点としてよく指摘されるのは、一回の充電での航行距離の短さや充電にかかる時間の長さでしょうかね。

しかし、長距離をがんがん走る輸送トラックのドライバーとかではない限り、普段の生活で使ったり、ちょっとした旅行をするのには支障はないと思います。

充電に関しても、急速充電にも対応しているし、実用的に困ることはないのではないではないのではと思っています。

ただ、それでもリーフがなかなか売れずに、買う側も買うのを躊躇ってしまうのは、やはり車の性能以外のところに課題があるからでしょう。

電池は充電を繰り返せば次第に性能が劣化してしまうし、かといって、電池の交換はほぼ無理という状態です。

そうした車を買い替えのために下取りに出しても、あまり高い買取価格は望めず、次に乗る車に苦労するという状況が予想されます。

「買うとき」ではなく「買った後」や「利用中」に起きる課題というのをどうにかすれば、リーフはもう少し手の届きやすい車になるのではないでしょうか。ミュゼ 背中